ガラス細工のアロサウルス

数あるガラス作品の中でより繊細で、夢のある作品が
バーナーワークによるガラス細工(ガラス工芸)です。
ガラス細工の猫やうさぎにとどまらず、華麗な花々(華)など作成する
そんなこともガラス細工教室では可能です。
ガラス工芸技法バーナーワークによるガラス細工の中でも
特に透明感のあるガラスであるパイレックスを用いた作品は
より繊細な作品を制作することも可能です。
特にガラス細工作家・穂坂英樹によるガラス細工作品は
通常バーナーワークでは制作できない大きな作品が魅力。
ガラス細工(ガラス工芸)の出張実演も受付中!
是非ガラス作品の美しさ・すばらしさをご堪能ください。
2004年のTVチャンピオンの「ガラス職人選手権」にも出場いたしました。
2006年には新国立劇場「ガラスの動物園」の舞台小道具のガラス細工を作成しています。

ガラス工芸といえば世界的にベネチアングラス、ボヘミアングラス、
日本では琉球ガラス村や世界のガラス館が有名です。
韓国ドラマの「ガラスの靴」「ガラスの華」も大人気!?
GONZOのアニメ「ガラスの艦隊」はガラス細工には関係ないですが・・・。
今ではガラス工房やガラス教室も増えてきて親しみやすくなっています。
吹きガラス、パート・ドヴェール、ステンドグラス、フュージング、エッチング、、、
多くの技法がありますが、FLAME−WORKSでは
パイレックスを用いたバーナーワークのみの工芸技法で作品製作をしています。
蜻蛉玉(トンボ玉)とは違いますが立体的な作品は
それだけでアートと言えるでしょう。
ガレージ奥の小さな空間にあるガラス工房(?)では不定期ですがガラス教室も行っています。
1対1でみっちりとガラス細工の技術を学べます。
ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

当ブログはリンクフリーです。
ご自由にリンクをお貼りください


ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2011年07月10日

秘境駅「大佐倉」の開拓〜拡大

先日大佐倉駅裏の開拓状況をアップしましたが、
今日駅に行ったところ更に開拓範囲が拡大していました。

秘境駅「大佐倉」の開拓
森の姿は大分様変わりし、広い範囲が造成されて
平らな部分が更に広がっています。

秘境駅「大佐倉」の開拓
森の残っている部分のすぐ右側が大佐倉駅の上野方面行きホームです。
手前の車が止まっているところを含めて3台も止まれば
いっぱいいっぱいのスペースだけしかありませんでした。

秘境駅「大佐倉」の開拓
木々が伐採された高台で測量をしています。
ここの部分が残るのか、ここも平らにするのかはまだ分かりません。

秘境駅「大佐倉」の開拓
と思いきや、更に広範囲に道に沿って伐採されています。
道は車1台分の広さしかないですが。

秘境駅「大佐倉」の開拓
さらにさらに、道に沿って大分先まで伐採・造成が進んでいます。
見ている間にもチェーンソーで大きな木をバキバキ言わせながら
倒していたところでした。

京成線で唯一といっていいほど森に囲まれていた大佐倉駅ですが、
平地の部分が広がっていきます。
Twitterでは「ビックカメラ大佐倉店」のうわさ(ありえませんが)が
会ったぐらいですが、面積としてはまったく不思議の無いくらい
広い範囲で造成されています。

でもまあ広い土地が出来たところで道が整備されない限り
使い道は無いはずですけどね。
ラベル:秘境駅 大佐倉
posted by HYDRA at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生徒さんの作品(上級〜その1)恐竜骨格

ガラス細工教室、上級に入った生徒さんが
3週間(6コマ)かけて完成したのが今回のガラス細工。

上級に入って初回、恐竜骨格を作成していただきました。
教室に来たときだけガラス細工制作をしているので
まだガラスの性質を考えた加工までは追いつくのが難しいようですが、
ひとつひとつのパーツを作り、順番に付けていきます。

今回完成したガラス細工がこちらです。

生徒さんの作品 恐竜骨格


生徒さんの作品 恐竜骨格


生徒さんの作品 恐竜骨格


生徒さんの作品 恐竜骨格


今回肋骨などの素材は2mmφのガラス棒です。
いままで使っていた3mmφよりも細いため、
加工時間はより短時間で済みますが、思ったよりも簡単に曲がってしまうため
連続接着時に他のパーツが融けたり、接合部分が取れやすくなってしまったりと
生徒さんは相当悪戦苦闘のようでした。

それでも今回出来上がったものを見てとっても満足していました。
今回作成したものはまだ初回作成の練習版。
今後はより完成度の高い作品製作にチャレンジしてもらいます。
posted by HYDRA at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス細工教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

秘境駅「大佐倉」の開拓

千葉県の佐倉市に引っ越してから2年が経ちました。
少しずつ行動範囲を広げ、食事しに行くお店もちょっと増えました。

とはいえ、いつも使う駅は同じで、自転車で5分くらいのところにある
京成本線「大佐倉」駅を使っています。
いままで何も変わらなかったしなびた駅で、これからもずっと変わらない・・・
と思っていたのですがここ最近変化が出てきました。


秘境駅「大佐倉」の開拓
京成線の駅の中で1日の利用者数が最小を誇る秘境駅。
左側のホームの最後が1つしかない入り口(改札口)です。
右のホームは一部のみ、車両一両にも満たない屋根があります。

秘境駅「大佐倉」の開拓
上野・浅草線方面行きのホームの最後部は特定電車の行商専用車に
なります。毎日ダンボール数箱をまとめたおばあちゃんがいます。

秘境駅「大佐倉」の開拓
南側のホームの脇は鬱蒼とした森が広がっていて、
秘境駅といわれるゆえんなのかと思います。

秘境駅「大佐倉」の開拓

京成酒々井駅へと伸びる方向に踏切があり、南側の森の手前、
道沿いに自転車置き場があります。
ちなみに有人管理で、駐輪場使用料は年間約4000円です。

秘境駅「大佐倉」の開拓

そんな秘境駅「大佐倉」に開発の手が伸びてきました・・・。

秘境駅「大佐倉」の開拓

ほぼ鬱蒼としていた暗い森が南側に広がっていたのですが、
ある日突然切り開かれて行きます。

秘境駅「大佐倉」の開拓

数日前まではこんなに明るくなかったのに・・・

秘境駅「大佐倉」の開拓

広さとしては結構な広さです。
多くの木が伐採され、人が入れなかった竹林もごっそりと除去されました。
造成も行われているようです。

工事の人に聞いてみたところ、綺麗に造成はしているが
特に用途は決まっていないとのこと。
きっと使えそうな土地にした後、地主さんが売却するんじゃないでしょうか。

不便な道を通る必要があるのと、住宅地として利用するには
制限がありそうなので使い道はあまりなさそうですが、逆側に
月極駐車場もあるのでもしかしたら同じように使われるのかもしれません。

便利になるならなるでいいですが、今までのひっそりとした雰囲気も
好きだったのでそのままでもよかったのですが。
引き続き見守って行きたいと思います。

ちなみに隣町酒々井には高速IC直結のアウトレットモールを
造成中です。来年秋くらいに完成するかも?という噂です。
そしたら車で10分以内の距離なので
犬連れで遊びに行きたいと思っています。
ラベル:大佐倉
posted by HYDRA at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

たまには日常〜ドッグランに行ってきました

また更新をサボる悪い癖が・・・

だってネタが無くなってきているから。
そんなときはガラス細工に拘らず日々の生活をアップして行ってみたいと思います。

DR0702.jpg


そんなことで、実は2週連続ドッグランに行きました。
前回はネットで最近知り合った歩いては行けないご近所さん(何じゃそりゃ?)に
誘われて九十九里海岸近くのプール付全面芝完全予約のドッグランに行きました。

とっても珍しいワンコ(皆女の子)もいたりして久々に遊ぶかと思いきや
それぞれの家族ワンコでしかほとんど遊ばず・・・。
まあそんなもんでしょうか。

そして今回は以前からキャンプ&ワンコでの知り合いのかたと
富里のドッグランに行ってきました。

で、最近はDVを持っていくことも忘れてしまっているので
携帯で動画を撮ってみました。
ほんの数分。

ちなみに撮影者の声だけものすごいボリュームなので
音声オフでお楽しみいただくことをお勧めいたします。



ラベル:ドッグラン
posted by HYDRA at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

ガラス細工制作動画〜カマキリ(初めから)

カマキリのガラス細工制作動画で、初めの映像が15分を越えていたため、
しばらくアップすることが出来ていませんでした。

今回そのままのファイル形式では分割できませんでしたが、
出力を変える変わりに分割可能なフリーソフトを見つけたので
アップできるようになりました。

しかしそのソフトで読み込むと尺は13分台。
・・・?
どうなってるんでしょうね。

とりあえず2分割したファイルを用意いたしましたのでご覧ください。



その続きです。



そして前回アップした映像に続きます。

posted by HYDRA at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。