ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2011年02月05日

生徒さんの作品(中級)

ガラス細工教室はそんなに生徒さんがいるわけではないのですが、結構何度も通ってくれる生徒さんもいたりします。

そんな中で去年12月の半ばくらいから基本的に毎週通ってくれている方がいます。
毎週、昼ぐらいから2コマ連続で受講し、既に初級コースを終え、本日中級コースが始まりました。

通算7日目の今回作ったのは

1.いて座(ケンタウロス)
生徒さんの作ったケンタウロス1


生徒さんの作ったケンタウロス1


2.カマキリ(大)
生徒さんの作ったカマキリ


生徒さんの作ったカマキリ


いかがでしょうか?
生徒さんはガラス細工経験ナシの状態から週1回ペースで習っています。
道具もそろえていないので、教室でのみの制作です。
やはり週1回ペースでの受講はかなり効果的なんでしょうね。

上級コースで作成する大型作品を作るのを楽しみにしてくれています。
この期間でこれだけのものが作れるのなら必ずよい作品が作れるようになると思いますよ。
引き続きよろしくお願いしますね。
posted by HYDRA at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラス細工教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

7月以降のガラス細工教室の開催日程について

教室への参加希望者と日時を調整して教室を行っておりましたが、
2009年7月8日に引越しするのに伴い、現住所(江戸川区)での教室は
6月28日までの期間で終了となります。

新たな住所は千葉県佐倉市となりますが、いろいろと準備が整うまでは
教室はしばらくお休みさせていただきます。

準備が整い次第、再開のお知らせをさせていただきます。

また、引っ越す前に是非、という方はお早めにご連絡ください。

詳細はこちら

よろしくお願いいたします。
posted by HYDRA at 17:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ガラス細工教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

ガラス細工教室 〜 初級その1:イルカ

ガラス細工教室 初級コース第1回

初級コースの第1回目はイルカを作ります。
初級コースは毎回所要時間を120分前後想定しています。早く終わる場合もあります。
料金は1回5000円。毎回違うものを作成します。

作成するのはこちら
 
IMGP8587.jpg


IMGP8588.jpg


まずはひれの作り方を練習します。
ベースのガラス棒に細いガラス棒を何度も重ねて付けていき、三角になるようにずらしながらだんだん細くしていきます。
ひれの付け方は先から手前に付ける場合と、手前から先へつける場合があるので、両方を練習します。ある程度練習したら、実際にいるかの作成に移ります。

1.鼻先を付ける
これは太いガラス棒の先を斜めに引っ張り、多少残した形できった後、細い部分を融かした上で下から撫で付けて鼻先の形を付けます

2.胴を太くする
背びれ・胸鰭の辺りの胴の部分を温めて縮めることで太くします。このとき軸がずれてクランク状にならないように気をつけます。

3.尻尾の部分を細く延ばす
胴の後ろ側を細く伸ばして尻尾のベースを作ります。まだこの段階では切り離しません。

4.背びれを付ける
正面から見て顔の形から背中の位置を決めます。その一番太くなっている場所にガラス棒を重ね付けしてひれを作ります。

5.胸びれを付ける
正面から見て正三角形になる位置を確認し、胴の太い部分の前あたりにひれを付けます。

6.ガラス棒から切り離す
難しいことではないですが、ここまでできたらやっと棒ガラスから切り離します。

7.尾びれを付ける
本体をピンセットで持ち、尻尾の先に尾びれを付けます。左右片方ずつ付けて、サイズを同じ大きさになるようにします。

ここまでやって完成です。
2体作ることになりますが、時間があまっている場合には葉っぱを作ったりします。
posted by HYDRA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス細工教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ガラス細工体験教室

ガラス細工教室の体験コースではネズミを作ります。
およその所要時間は30分程度。生徒さんはこのネズミを2回作成することになります。
1回の料金は2000円です。

IMGP8585.jpg


まずは見本を作って見せて、その後
1.鼻を作る
2.耳をつける
3.尻尾を伸ばす
4.足(台)をつける
5.切り離す
を工程毎に交代しながら作ります。(お手本→作業 を繰り返します)

2回目はもう一度一連の作業を確認するのにまた見本を作って見せ、はじめから最後まで流れで作ります。

IMGP8586.jpg


うまく出来上がれば尻尾も長く、ちゃんと立つネズミが出来上がります。
パイレックスの棒ガラスをバーナーワークで加工する体験ですが、はじめての方は思ったよりも時間がかかります。
(本人はあっという間に感じますが、その時間で相当疲れることもあるようです・・・)
上手か下手かは問題ではありません。ねずみは作り手の個性が出てきます。自分で作ったガラス細工としてなにより愛着が湧きます。

おそらく体験コースのなかで、2体目を作る時間はおよそ6,7分程度でしょう。
初級コースを何度か経験した方は3分以内を目指してください。
中級コースレベルでは1分30秒以内、1分を切れれば上級コースレベルの経験者でしょうか?
通常1cmのガラス棒を使って作成していますが、よりレベルを上げたい場合は5,6mmのガラス棒で作成してください。精密な作業技術を身につけたい方は3mmのガラス棒でチャレンジしてください。
親・子・孫のネズミができます。
posted by HYDRA at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス細工教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

ガラス細工教室内容

ガラス細工教室ではパイレックスを使用したバーナーワークを教えています
 
ガラス教室概要



ガラス教室の日程ですが、平日は会社に行っているため、基本的に土日にのみとなります。
また、現在住んでいるマンションの一室で行っているため、下見などは出来ません。あしからず。
ガラス教室の開催はお互いに日程を調整した上でご予約を頂き、時間を決めて行っております。
パイレックスのロッド(棒)で動物などを作れるガラス教室はかなり少ないと思われます。1回の金額が高く感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、時間内は1対1で完全個別指導を行うことと、入会金や材料費(カラーガラスを除く)などかかりませんのでご考慮いただければと存じます。


ガラス教室の場所:
教室の所在地は
〒285-0041
千葉県佐倉市大佐倉1924-1
TEL/FAX 043-497-5350

地図


最寄り駅:京成本線 大佐倉駅 徒歩20分程度
京成本線佐倉駅(大佐倉駅ではありません)から少ないですがバスも出ています。
 京成酒々井駅行〜本佐倉停留所下車徒歩1分、大体1時間に1本程度です。
 京成本線佐倉駅からタクシーに乗るのも良いかもしれません。
最寄IC:東関東自動車道 佐倉ICまたは富里IC

用意するもの:
初級コース以上はマイピンセットをご用意ください。火傷を防ぐため、服装は非化学繊維・長袖長ズボン・靴下の着用を推奨します。できれば伊達でも良いのでメガネをしたほうが安全です。受講料も忘れずに・・・。
当日作成したガラス細工作品はこちらで用意する梱包資材にいれてお持ち帰りいただきます。 



ガラス細工体験コース
製作作品:ネズミ
所要時間:約30分
回数:1回
料金:2000円
受講条件:中学生以上  
 
ガラス細工初級コース
製作ガラス作品:小型の動植物(イルカ・葉・桜・白鳥・トカゲ・クモ・犬・魚・ウサギ・イカ・蜂・馬・巻貝・鹿 等)
所要時間:約120分
回数:12回以上(12回以降は中級に進むか選択。引き続き受講可能です)
料金:5000円(1回) ※パイレックスガラスやガス・酸素などの材料費はかかりません
受講条件:中学生以上 ガラス細工体験コース受講経験者
その他:ピンセットをご持参ください カラーガラス使用の際は別途料金が発生いたします

ガラス細工中級コース
製作ガラス作品:中型の動植物・中型の恐竜骨格(蝶・ユリ・バラ・カマキリ・十二支・12星座 等)
所要時間:約120分
回数:20回以上(20回以降は上級に進むか選択。引き続き受講可能です)
料金:6000円(1回) ※パイレックスガラスやガス・酸素などの材料費はかかりません
受講条件:中学生以上 ガラス細工初級コース受講完了者 道具一式を揃えて自宅でも作業できる方が望ましい
その他:ピンセットをご持参ください カラーガラス使用の際は別途料金が発生いたします

ガラス細工上級コース
製作ガラス作品:大型の動植物・人物・恐竜骨格(天使・悪魔・飾り台・騎士・ティラノザウルス 等)
所要時間:約180分
回数:未定(1体作成するのに数回かかります)
料金:10000円(1回) ※パイレックスガラスやガス・酸素などの材料費はかかりません
受講条件:中学生以上 ガラス細工中級コース受講完了者 道具一式を揃えて自宅でも作業できる方 作成した大型作品を運搬可能な方 作成した大型作品を保管できるスペースをお持ちの方
その他:ピンセットをご持参ください カラーガラス使用の際は別途料金が発生いたします

ガラス教室において実製作以外の講習内容について
ガラス加工器具の使い方(バーナー・ボンベ・ピンセット 等)
ガラス加工技術1(切る・曲げる・伸ばす・縮める)
ガラス加工技術2(加熱方法〜炎の調節・作業距離)
ガラス加工技術3(加工順序)
ガラスの取り扱い(梱包・持ち方)


ガラス教室のお申し込み
メール・電話・FAXにてお申し込みを受け付けております
メール:hydra@f-w.jp
電話・FAX:043-497-5350(平日は留守番電話になっておりますのでお名前とご連絡先をお伝えください)
連絡はメールでいただけると大変助かります。
※ご予約はあらかじめ7日前までにご確認ください。直前の申込の場合、受け付けられない場合があります。

現在のスケジュール
希望者と日程の確認を行った上で教室開催日時を決定しております。
まずはお気軽にお問合わせください。
posted by HYDRA at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス細工教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。