ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2010年05月17日

ガラスの城作成中 その2

週末、ガラスの城の作成作業が続きます。

パーツごとに作成しておいたもの意外に、まずはひたすら外壁パーツ(単なる板)を量産していきます。

お城を上段・中段・下段と分けて作成することにしましたので、上段のフレームを作り、そこにパーツと外壁を着けていきます。
さすがにこの大きさで、表面積の多いパーツをつなげていくと、作業するそばから壊れていきます・・・。
つなげては壊れ、直しては繋げ、3歩進んで2歩戻る、見たいな感じです。

やっとの思いで作業を終え、徐冷炉に入れましたが、おそらく無傷(?)で徐冷できる確立は2割くらいかな?・・・と。




で、夜になり徐冷炉から出したものがこれです。

ガラスの城(上段)

(クリックすると拡大します)

ガラスの城(上段)

ガラスの城(上段)


まあ、ヒビは入っておりました。
中段の作成と一緒に修理します。

次回、ガラス細工制作風景・ガラスの城制作編「ほんとに作れんの?(仮)」を乞うご期待!!
(まだ作ってもいませんが)

大型のガラス細工制作はやっぱり厳し〜...
タグ:ガラス細工
posted by HYDRA at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

ガラスの城製作中 その1

現在製作中のオーダー作品がガラスのお城です。

イメージ画像

tdl.jpg


なんですが、大きさが大きいこともあり、パーツ点数も多く、苦手な平面部分が多いのでなかなか進みません。


ガラス細工で大型の作品を作るときはパーツを個別に作成し、ベース部分につなげていくのですが、今回は一部破損した際に全部つながっていると直すのが大変なことになるのと、大きさ的に徐冷炉に入らなくなるので組み立て式を想定しています。

で、ベースがこれ。

shiro_b01.jpg
(クリックすると拡大します)



このフレームをさらに広げて外壁や塔の部分をつけられるようにしていきます。

shiro_b02.jpg



手前にあるのが一番外側の石壁の塔です。半円形だったり八角形だったり四角だったりします。
それ以外は中央部分の建物につく小さな塔のパーツなどです。

shiro_b03.jpg


こちらはメインの塔。一番高い塔の上の部分です。

shiro_b04.jpg


こちらは同じく中央の建物のサブ?の塔です。

shiro_b05.jpg


中央の建物には大小さまざまな塔が付いており、サイズや高さもまちまちです。

shiro_b06.jpg


屋根タイプのパーツです。

これらのパーツをどんどん作らなければいけないのですが先は長いです。
タグ:ガラス細工
posted by HYDRA at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

フェニックス完成しました

週末、やっとオーダーのフェニックスが完成しました。

kansei_p01b.jpg
クリックすると拡大します


体の部分はほぼ完成だったのですが、台の部分で手間取りました。
提案した炎の台座だったのですが、広がった台底部の周りに付けていくと、作業途中、徐冷中にヒビが入ってしまい、何度やり直してもうまくいきません。

p_dai.jpg


結局炎の台はあきらめ、岩の部分のみの台となりました。

kansei_p02b.jpg


その他、羽の角度や尾羽の流れ具合を調整し、台と足を接続して徐冷して完了です。

kansei_p03b.jpg


結構時間かかっちゃいました。大型のガラス細工作るのはやっぱり大変です。
本来であれば休暇中に完了し、平日納品できたはずなんですが・・・。
これから納品日の相談です。
タグ:ガラス細工
posted by HYDRA at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

ガラス細工のフェニックス制作中

ガラス細工のフェニックス、時間がかかっていますがとりあえず順調です。

本体がほぼ出来上がり、徐冷が終わりました。

phenix_hontai03.jpg
(クリックで拡大します)


大きさは・・・除冷炉内が30cm強ぐらいなので割と大きめです。


取り出して持ったところをまた撮影しました。

phenix_hontai01.jpg


phenix_hontai02.jpg


背景がダンボールなのでいまいちですが・・・。
バーナーワークで太い部分を造るのは結構大変です。
鳥らしく鳩胸?でムキムキです。

まだ足は着けていません。
台の部分も作るので、足を着けるのはそのときです。

台は岩の上に止まる感じで、その周りを炎が囲むイメージを予定しています。

羽や尻尾は製作過程上真っ直ぐなままですが、全体的なバランスをとった後、多少曲げたりしてしなやかな形に調整します。
台とつながるのが細めの2本の足なので強度的(対衝撃)な不安もありますが・・・

やはりそこは見た目優先です(良い子は真似しないように)。
タグ:ガラス細工
posted by HYDRA at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

記念品のガラス細工のバラ完成!

オーダーが来ていた記念品のガラスのバラ、完成しました。

orderbara.jpg
(クリックすると拡大します)


バラ2輪です。

一輪挿しの花瓶に挿すそうで、花瓶サイズも指定のものだったのでそれに合わせて作成しました。
それぞれのバラの葉の一枚にはアルファベットで名前を入れています。
一輪挿しに二輪入れるのでぴったりとくっつくようにあわせられるように葉の位置と花の高さを調整しています。

今回は花を少し大きめに。
とはいえ当初の希望の大きさほどにはなりませんが。

花瓶の高さがあるために、葉の下側の茎の長さが30cm以上。
これがフリース燃やした原因ですが。


バラは結構人気があります。特に贈り物などの用途のようです。
多い方で一度に5,6本注文して頂けることもあります。
まあその場合は大きめの花瓶に入れる用途だとおもいます。
通常贈り物であれば1本、今回は特別な用途でしたので2本でした。


本来、一般的なバラは葉っぱが1枚ずつではなく、5枚がセットになっています。

が、私の作るバラは1枚ずつです。バラのことを良く知らずに作り始め、あとから知ったためにそのまま1枚で作っているというわけです。実際、気がつかない人のほうが多いようです。


このバラを見て欲しいと思った方、オーダーお待ちしております。
posted by HYDRA at 10:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。