ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2008年06月25日

ガラスのサーカス 〜 剣術使い

トゲトゲサイコー!な取扱注意な作品です。

c_sm01_320.jpg


c_sm02_320.jpg


c_sm03_320.jpg


c_sm04_320.jpg


c_sm05_320.jpg


c_sm06_320.jpg


c_sm07_320.jpg


c_sm08_320.jpg


c_sm09_320.jpg


c_sm10_320.jpg


c_sm11_320.jpg


大好きトゲトゲ作品です。カラスのイメージで頭と剣を作りました。
これまた作るのは難しくないのですが、何が大変かって、梱包が大変です。満遍なく全方向にトゲトゲしているので無駄に緩衝材を使い、大きな箱に入れなければいけません。でもいいんです。梱包のことを考えながら作ってたらいい作品なんてできません!といいつつ後悔するのでしたが。
黒いガラスはまさしく「黒光り」するので見た目的にも非常にGoodです。ただ今回感じたのは、不透明な色ガラスを多用すると、離れてみたときにガラスとは分からないです。やっぱり透明だからこそガラスの美しさがあるんだなぁと思いました。

作品プロフィール:
八振りの黒剣を自在に操る長身の男。
黒剣はもとは八羽の鴉だったという噂がある。その内容は、兄弟だった八羽の鴉の願いであった人間になるために、一人の魔術師を殺すことであったが、殺した途端に鴉達は剣となり、死んだ魔術師は鴉の頭を持って生き返ったというものであった。
タグ:ガラス細工

ガラスのサーカス 〜 ネズミ捕り

昔から作ってみたいとは思っていた模様の作品です。これまた他に名前無かったのか?

c_me01_320.jpg


c_me02_320.jpg


c_me03_320.jpg


c_me04_320.jpg


c_me05_320.jpg


c_me06_320.jpg


c_me07_320.jpg


c_me08_320.jpg


c_me09_320.jpg


c_me10_320.jpg


ほぼ人間の女性の形をした猫です。手に持っているのは今まさに食べようとしている鼠です。
豹柄の表現を考え、体中に”C”の模様を付けました。
頭と尻尾以外は女性の体で、セクシーポーズをとらせてみた感じです。豹の模様に見えるでしょうか?
制作中は透明なガラスと色ガラスの粘度や軟化点の微妙な差があり、思うように馴染んでくれませんでした。しょうがなく溶かしては平べったいピンセットで押し付けることの繰り返しでした。

作品プロフィール:
豹柄の模様のある人のような猫。
団員が生活するキャラバンでは鼠が多く出没し、食料を食い荒らすが、この猫が鼠を捕まえてくれる。実際には猫であるため気まぐれで言うことを聞かないが役に立つために一緒に行動している。
一日に百匹の鼠を取ることもあり、大変助かっている。
タグ:ガラス細工

ガラスのサーカス 〜 馬上曲芸

人も馬も手足がいっぱい!セクシーに挑戦第2弾です

c_sh01_320.jpg


c_sh02_320.jpg


c_sh03_320.jpg


c_sh04_320.jpg


c_sh05_320.jpg


c_sh06_320.jpg


c_sh07_320.jpg


c_sh08_320.jpg


c_sh09_320.jpg


c_sh10_320.jpg


c_sh11_320.jpg


4本腕の女性に鞭を持たせて8本足の馬に乗せました。
体の模様は通常の体を作った後に紅い線のように赤ガラスを盛って、再度形を整えました。目の部分は藍色ガラスで目隠ししています。
馬も色ガラスを使おうと思っていたんですが、出来上がってから気づいたのでそのままにしてしまいました。自分的にはかなりバランスの取れた形だと思っています。何でこんなに手足が多いのがすきなんでしょうね?

作品プロフィール:
八本の足のある馬と四本の腕のある少女が繰り広げる馬上曲芸。
スレイプニルと呼ばれるこの馬は成体になると制御が効かなくなるが、少女と馬は小さい頃から一緒に育てられてきたことで、今では目隠しをしていても背中に立っていられるほど慣れている。この馬は実は肉食。

ガラスのサーカス 〜 玉乗り

ヤギさんは今回紙を食べるわけではありません。なんと2段重ねの玉に乗っちゃいます

c_db01_320.jpg


c_db02_320.jpg


c_db03_320.jpg


c_db04_320.jpg


c_db05_320.jpg


c_db06_320.jpg


c_db07_320.jpg


c_db08_320.jpg


c_db09_320.jpg


c_db10_320.jpg


カラフルなボールを重ねて、その上で踊るヤギ頭です。
当たり前になっていますが私の作る作品は基本的に全ての指を付けています。そのくらいはやらないと”精密”とはいえないので。
ガラスのボール部分は本来3つ重ねる予定でした。が、しかし、色々試行錯誤してカラーボースを作ろうとするとめちゃくちゃ汚い色の玉が出来上がったり、透明なガラスの中に蝶を作ろうとしたらぼや〜んとしてしまったり・・・。結局全てが使えなくなり、完成したのはこの2玉だけで、無駄な時間を丸1日費やしました。

作品プロフィール:
ヤギの頭と下半身をもつ少年の曲芸。
体より大きいボールの上にさらに四面体に近いボールを載せ、その上で踊ることができる。踊るだけでなく様々な楽器を演奏することも得意。神話には”パン”という牧神が出てくるがおそらくそれに近いのかもしれない。むしろ人に近いヤギなのかもしれない。
タグ:ガラス細工

ガラスのサーカス 〜 魔術師

マッチョな象さん♪実は魔法が使えるの!6本の牙は寝るときにとっても邪魔

c_mg01_320.jpg


c_mg02_320.jpg


c_mg03_320.jpg


c_mg04_320.jpg


c_mg05_320.jpg


c_mg06_320.jpg


c_mg07_320.jpg


c_mg08_320.jpg


c_mg09_320.jpg


c_mg10_320.jpg


c_mg11_320.jpg


シマシマ象さんです。
今回作成した色ガラス作品で、これまた素材準備に時間がかかったものです。分かりにくいですが全身横じまで、表面だけでなく断面が完全に色が入っています。一番初めにシマシマ棒を作るのですが、均等にクリアと青のガラスを重ねていきます。それを腕や足、鼻などの太さに合わせたサイズの棒を作ります。
最後は「チラシ配り」作成時に余った?木目ガラスを使って杖を作り、バランスをとって立つようにしてあります。基本的には平らなところは2本足だけで立てるようにバランスは取ってありましたが。

作品プロフィール:
六本の牙を持つ像の頭を持つ男。
昔から団長とは知り合いだったらしい。精神と肉体の鍛錬を極め、魔術を完成させたとき、彼の頭は六本の牙を持つ像の頭となった。様々な魔術を駆使し、肉体の変化や合成を行うことができる。
唯一失敗したのは自分の模様を縦縞でなく横縞にしてしまったことらしい。
タグ:ガラス細工
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。