ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2009年05月25日

あらびき団O.A.日程変更

以前、あらびき団の放映日を6月3日とお伝えしましたが、
今日番組制作の方から連絡があって、今週(5月27日)放映になるそうです。

知り合いに連絡しなおさなくては・・・


ガラス細工の実演をしていますのでよろしかったらご覧ください♪

番組の情報はこちら
posted by HYDRA at 12:10| Comment(12) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みたみた。

最後以外はいいね!!!

Posted by うおうお at 2009年05月28日 01:03
「あらびき団」拝見させていただきました。
時間が短かったのが残念ですが、感動しました。今後のガラス技術向上のため参考にさせていただきます。
Posted by ガラス見習男 at 2009年05月28日 01:04
あらびき団を見て検索してたどり着きました。
恐竜の背骨がすごく魅力的でした。
Posted by smileless at 2009年05月28日 01:04
あらびき団みました!

ステキでした(^O^)☆
Posted by みゅう at 2009年05月28日 01:04
あらびき団みましたo(*^▽^*)o~♪
ティラノサウルスすごいデスo(;・。・;)o
本物見てみたいです☆
Posted by YOU at 2009年05月28日 01:09
うおうおさん、ガラス見習男さん、smilelessさん、みゅうさん、YOUさん、コメントありがとうございます。

うおうおさん>
最後のあのポーズ、自分ではどんな風に映っているか分からなかったのですが、あんなのだったんですね・・・。私的には冒頭の自己紹介が一番恥ずかしかったです。最後のポーズはもう投げやりな感じで・・・。

ガラス見習男さん>
それでも思っていたより相当長い時間写してもらえました。ほんとはこのブログにちゃんと動画を追加していけてればよかったのですが・・・。

smilelessさん>
骨を作るのはそもそもガラス細工を作る際の大きさの制限からでしたが、骨や角、キバや爪が大好きなので、似たようなものを作ることが多いです。

みゅうさん>
作品そのものを見せることは簡単ですが、作っている過程を見てもらえる機会はなかなかありません。見せることができてよかったです。

YOUさん>
以前ガラス細工を買っていただいた方が、実物を見て、「あまり写真は得意でないんですね」といわれたことがあります。やっぱり実物を見ていただいたほうが楽しんでもらえます。是非機会があれば!
Posted by ひどら at 2009年05月28日 19:56
「あらびき団」拝見させていただきました。
すばらしい技術ですね 感動しました。
コメント同時にトラックバックさせていただきました。
Posted by CFJC at 2009年06月04日 01:29
CFJCさんこんにちは。

コメントありがとうございます。
また、このブログはじめてのちゃんとした?トラックバックを付けていただきありがとうございます。(いつもエロサイトのトラックバックしか付かなかったので・・・)
Posted by ひどら at 2009年06月04日 11:32
先程 ”貴方の管”で感動して辿り着けました。やっと。(古い方に最初行った)
見に行きたい!習いたい!買いたい!
ギャラリー拝見し 丸味を帯びるフォルムより ストラクチュア/構造的なものに 真価を発揮されてると感じました。
世界遺産や日本古来伝統技術による国宝とか 造ってくださいませんか。
透ける マチュピチュ 五重塔 ゴールデンブリッジ等 見たいです!
北斎の神奈川沖 ガラスによる立体の波しぶき 見たいです!
ガラス大好きです。クリスタルよりもダイヤモンドよりも。
Posted by んなもんな at 2009年06月06日 03:34
んなもんなさんこんにちは。

コメントありがとうございます。
構造的なもの、結構難しいんですよ・・・。
なにが難しいって、手作りのガラスで直線を作ったり平面を作ったり、対称物をつくるのは至難の業です・・・。
でももしかしたらガウディのサグラダファミリアあたりはミニチュアいけそうかも?
運慶快慶の金剛力士像、狩野派の動植物系は制作を考えてはいます。
Posted by ひどら at 2009年06月08日 10:38
あら 嬉し ご回答有難うございます。サクラダファミリア! 目に浮かぶ!! 絶対イケる。うんうん。(・・・ガウディの作品って 写真とか映像だとおどろおどろしいんですが 実際目にしてみると なんて 優しいんだ!!って感じました。人造物 無機質な建物を 天然物 有機物として 実現化したかったんだと独りで納得してます)
そうですかあ 構造物・・・強度とかの問題ですか?
鳥獣戯画とか どうですか?
それと 再出演は あり得るのですか?
Posted by んなもんな at 2009年06月27日 05:02
んなもんなさんこんにちは。
以前教室でシンデレラ城を作ったことがありました。今思うと微妙なものだった気がしますが・・・。
鳥獣戯画、じつはそこそこ似たようなものは作ってたりします。ちゃんとシリーズで出せるようにしたいですね。
ちなみに再出演は無いと思いますねぇ・・・
シチュエーションも変えようが無いですしね。
Posted by ひどら at 2009年06月30日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120176566

この記事へのトラックバック

あらびき団 ガラス工芸作家 
Excerpt: あらびき団でも登場されてました ガラス工芸の穂坂英樹さん バーナーワークで作り出される精密・繊細なガ
Weblog: レポートブログ - CFJC
Tracked: 2009-06-04 01:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。