ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2008年07月12日

ガラス工芸技法におけるバーナーワークの製作方法その4 〜 除冷炉

第4回は除冷炉について

ガラス工芸では加熱して形を変える技法全般をホットグラス、加熱せず、削ったり切ったりして形を作る技法全般をコールドグラスと言うとか言わないとか(実は自信なし)。
とりわけガラスを融かして加工する場合、加熱したり冷やしたりする際に、冷めたところと厚いところでガラスの体積が変わり、歪みか発生し、ひびが入ったりしてしまいます。
特に鉛ガラスを使うトンボ玉作成ではバーナーのそばでゆっくりと温めておき、加工が終わったあとはすぐに除冷用の藁灰やバーミキュライトに入れてゆっくりと冷まします。
それに比べてパイレックスなどのホウケイ酸ガラスは膨張率が低いので、ある程度の急熱・急冷に耐えることができたりします。とはいえやはり歪みは発生してしまうので、歪みを除くためにも除冷が必要です。

IMGP8582.jpg


バーミキュライトは除冷材として手に入れやすく一般的ですが、隙間も結構できてしまうので、完全な除冷とまではいかないような・・・
でも藁灰を手に入れるよりははるかに簡単なので、自分で細かく砕いたりできるのであれば使い勝手はよいかと思います。
(藁灰はちょっとした量を用意するために、相当量の藁が必要になります・・・)

IMGP8581.jpg


私が使っている除冷炉は交流100Vで使える(一般家庭のコンセントでOK)もので、炉の中の広さが30cm以上の物でも入れられる、わりと使い勝手のよいものです。温度設定とタイマーもプログラムでき、箱全体や扉も通電中はファンで熱くならないようになっています。
ただし電熱線は古いタイプのもので、多少温度を上げるのに時間がかかることと、寿命が比較的短くなるようです(だめになったことはないですが)。

パイレックスは一度冷めたものでも再加熱ができますが、同様に再除冷をかけなおすことができます。
これが特に膨張率の低いガラスの優れた点で、長い時間(数週間)かけて大きな作品を作ることができるわけです。
パーツを作って除冷、ベースを作って除冷、合体させて除冷、というように何度も製作工程で除冷をかけています。
posted by HYDRA at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | バーナーワーク技術解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。