ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2008年06月26日

ガラスの動物園 〜 ユニコーン

「ガラスの動物園」劇中に飾られる小型のガラス細工とは別に、撮影用の大き目のユニコーンを用意しました。

uni01.jpg


uni03.jpg


uni02.jpg


uni04.jpg


uni05.jpg


uni10.jpg

通常作成サイズとの比較


ガラス細工を作成する場合、あまり小さいものだと細かいディティールが表現できません。
かといって大きく作るにはバーナーの炎の問題や、どうやって持ち続けるか、作成途中で温度差によるひずみの発生があり、好きなだけ大きくできるわけではありません。

劇中、実際に飾られたり、手に取ったりするガラス細工は客席からほとんど形が分かりません。そんなとき、回想シーンとしてイメージ映像が投影されるのですが、そこでは飾るものだけでなく、撮影用の大き目のユニコーンが映し出されていました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。