ランキング参加中!
押してもらえるとランクアップできます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
是非清き一票を!

2010年04月18日

ガラス細工制作中にやっちゃいました・・・

ひさびさに失敗です。

ガラス細工に付き物といえば火傷です。
今日は確かに冷めてないガラスに触れましたが、瞬間だったので皮膚の表面がちょっとだけ平らになった程度で痛みはありません。

今日やってしまったのは火傷ではありません。







これです。

frees01.jpg

きったないフリース、ではなくて、

これ

frees02.jpg

穴あけちゃいました。

久々の長尺ガラスを扱っていたのですが、長さの中間ぐらいの場所を加工していたら、まだ切り離したばかりのガラス棒を自分に向けて作業していました。

作業の途中、ふと煙と臭いにおいが・・・

Oh!

ガラス棒も真っ黒に。

フリースの下は綿のスウェットを着ていたのでそれ以上は燃えず、火傷もなく済みました。
大きいものを作るときは要注意ですね。



ラベル:ガラス細工
posted by HYDRA at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品名「マセラッティ 人馬一体」(作成中)

さて、先日作成途中のガラス細工の画像を出して何を作っているのか書きませんでした。

で、これは何なのかというと

torsor04.jpg
(クリックすると拡大します)

torsor03.jpg


これをイメージしています。

data.jpg


マセラッティMaserati (のグランツーリスモS)です。

完成形はケンタウロスのような形です。
上半身は甲冑を来た人間、下半身は機械で作られた馬のイメージです。
さらにトライデント(三叉の槍)を持たせます。

最近発売されたグランカブリオの記事を見たときに本当にマセラッティの美しさに惚れ惚れしました。
前からマセラッティの形は大好きなのですがいかんせん自分には縁遠い車です。
でも美術品としてみるのであればその形、性能に感化されるのも分からなくはないと思います。

ということで私がマセラッティから連想するのが騎士の力強さと馬の美しさ、尚且つ機械の精巧な部分を兼ね備え、ブランドのイメージであるトライデントを持たせる、というものです。
ケンタウロスの姿がまさに人馬一体、ということで車のイメージと繋がる部分でもあります。

今月末までが展覧会の応募期間なのですが、それには間に合わなさそうです。
まあそれはしょうがないとして、完成までの間、順次画像をアップしていきます。
posted by HYDRA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大・小の龍

やっと1件オーダーの作成が終わりました。

頂いていたガラス細工のオーダーは
・龍(大)
・シーサー(1対)
・ミニチュア龍
でした。

先日完成していた龍(大)とシーサーのほかにミニチュアもオーダー頂き、現在は徐冷炉の中です。

dora_s.jpg


dora_l.jpg
(クリックして拡大します)


上がミニチュア、下が作成済みだった大き目の龍です。

未だフェニックスが完成しません・・・。
posted by HYDRA at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。